置き場所 - 風通し、日当たりが良い場所。 できれば雨ざらしでない方が良いです。 夏は直射日光を避け半日陰に置いてく

          ださい。植物の形がヒョロヒョロに乱れているのは、日光不足が原因なので徐々にお日様に当たる所へ移動し

          てください。日当たり良く、 風通しが良ければ良いほど時期に限らず植物が元気に育ちます!

 

潅水(かんすい) (水やり) - 各植物の説明で週○回はあくまでも目安ですのでご注意ください。 植物を置いた環境や天候で水

                          やりのタイミングが変わります。 LadyBirdのハウス内の多肉植物は週1回ぐらいのペースで

                          水やりしています。

 

徒長(とちょう) - 日光不足が原因で植物の茎がヒョロヒョロになり葉っぱと葉っぱの間が空いている 状態のこと。間延びと

                 も言います。日光が当たる所へ!

 

紅葉のさせ方 - 肥料を与えない。 凍らないある程度の寒さまで当てる。 年中外でも大丈夫な種類があるので、

         気になったらお問い合わせください! 暖房をかけている部屋の中に入れておくと紅葉しづらいです。

 

 

肥料 - 大きく分けて2種類の肥料があります。

 

 ・液体肥料(液肥) - 原液と呼ばれる液体 or 粉を水に溶かし、水やりしながら肥料を与えることができます。ですが

                       効き目が短期間なので週1、2に一度など定期的に与える必要があります。 濃度は購入された 商品に

                       表記されている濃度で与えてください。

                例として ハイポネックス6-10-5 の場合 サボテンは2000倍と書いてあるので、1Lの水に対し

                       液を0.5ml を入れてください。 2Lの水の場合は1mlです。 500mlの場合は0.25mlです。

                100円ショップなどのスポイトでml数は測ってください!

 

 ・固形肥料 - 固形の玉で植物の根元に置きっぱなしにできる肥料です。そして水やりをするたびに水に反応して

                肥料が少しずつ溶けて効いていきます。手間がいらず楽ですし、多肉植物に合うと思います。 

        効き目は約1か月ぐらいを見て月1新しいものを根元に置くと良いです。 

         置くときのコツは植物体に触らないように均等な間隔で置いていくことです。植物に触れたままに

         なっていたり乗っかっていると腐るので注意してください。

           土の量で粒数を決めるのですが、商品に表記されているのが分かりづらいと思うので

           目安で... 2号(直径6㎝)のポットに対して1~2粒。 3号(9㎝)に対して3~4粒。

               4号(12㎝)は5~6粒。 って感じです!

 

  ※ 液肥、固形肥料などの肥料によく ○-○-○ と数字が3つ並んでいます。

     この数字は N - P - K という肥料の中に入っている成分のこと示しています。

 

      ざっくりと説明を...

    N(窒素)は葉っぱを大きくさせる成分。なので植物を大きく生長させます。

    P(リン酸)は花付きをや結実に関係する成分です。 個人的には多肉にはあまり必要なさそうと思います。 

    K(カリウム)は根っこの発育に関係する成分です。

 

他にも微量要素といってカルシウムとかマグネシウムとかあるのですが気にしなくても植物は育つのでここでは説明しません!

LadyBirdでは肥料は一切与えていません。 肥料を与えなくても枯れません! 与えすぎると紅葉しません!